Welcome to my blog

Footprints -足跡-

カメラと共に歩んだ足跡

 管理人について

16092212.jpg


 takabouのプロフィール 


名  前:takabou
住  所:九州のいちばん右上
カメラ歴:気が付けば10年。なのに一向に上手くならないポンコツ。
趣  味:美味いものを食べることと車(最近はカメラに資金をつぎ込むのでこっちは疎か)
性  格:基本人畜無害。だけど食べ物が絡むと豹変。特に空腹時。空腹は人を不幸にします。
その他:嫁と娘、そして犬(ミニチュアダックス♀)。女3人に囲まれる生活。



 このブログについて 


ブログタイトル『Footprints -足跡-』は文字どおり「足跡」、つまり今まで訪れた場所や心惹かれた瞬間をカメラに収め残していきたいとの思いで付けました。

また、僕は妻子持ちで月々僅かなお小遣いを頂戴しその中で色々とやりくりする肩身のせまぁ~い立場です。(いや、ホント写真ってお金のかかる趣味ですよね)
ですので純正大三元とか夢のまた夢。
「でもそんなハイエンドな機材でなくても『そこそこ』(←ここ大事)綺麗に撮れるんだぜ!」
…を信条に撮っていけたらと思ってます。まぁフルサイズ機持ってる時点でアレですが。
なのでお願いです。
誰か僕に大三元ください。
  


 カメラ歴 


2006年12月
Canon EOS Kiss Digital Xで一眼デビュー

元々の趣味が車でのドライブだったので、それまでもコンデジで行く先々の様子を撮り収めていました。
晴れた屋外での撮影だとコンデジでも特に不満はなかったのですが、我が家に犬を迎え入れたことで状況が一変。
夜の室内でチョコチョコ動き回る犬を撮るとブレるし画像がキレイじゃない…。

そこで色々調べてみると、どうやら「デジタル一眼レフカメラ」とやらで撮れば綺麗に写るらしい。
せっかく我が家に迎え入れた犬を綺麗な写真で撮りたい!
そう思いながら色々メーカーやら機種やらを吟味した結果。

16121301.jpg


初のデジイチはCanonのEOS Kiss Digital Xに決定!
なぜCanonなのかというと、当時の初心者向けのデジイチで評価が高かったのがこのKDX。
性能と価格とのバランスが一番良かったのです。
それでもダブルズームレンズキットで11万円Over。最近のデジイチは本当お求めやすくなりましたね。
あとは職場にCanonのカメラを持っていた人がいたこと。もしもの時はその人からレンズを借りることもできますからね!これ大事!!

16092202(06年12月)


これが記念すべきデジイチでのファーストショット。
今見返せば突っ込みどころ満載の1枚ですが、当時は今までのコンデジ画質とはまるで違う写りに感動。
夜の薄暗い室内で、こんなに綺麗に写ってるのを見て「さすがデジイチ!」と感心しきり。
以降順調に写真にはまります。

…が、今まで写真について学んだ経験なんて当然ありませんから、ポンコツ写真を大量生産。
でもそれでいいんです。「写真を撮る」行為そのものがとても楽しかったのですから。

今思い返すと、この頃が純粋に一番楽しんで写真を撮っていた頃かもしれません。


2010年3月
EOS 7Dを買い足し


そんなKDXを使い始めて3年ちょっと。
すっかり写真を撮ることに嵌まってしまったtakabouさん。
そうなってくると、少しずつ型落ちエントリー機に対する不満が出てきます。
「よし、カメラを買い足そう!」
そう思い立って購入した2台目のデジイチは…

16121302.jpg


当時のAPS-Cフラッグシップ機、EOS 7D!
エントリー機からいきなりの2ステップアップ!
どうせ買うなら、いっちゃんええやつ買っとけ!!
いやぁ、あの頃は羽振りが良かった^^;

KDXとの違いは歴然。
19点オールクロスAFやら、秒間8コマの連写などなど、挙げればキリがありません。
大きさも二回りほど大きくなりましたが、却って手にしっくりくるサイズになって好印象。
この7Dで色んな所に出掛けて撮影する楽しみを知りました。

また、某夜景サイトに投稿していた事がきっかけで、僕が撮った地元門司港の夜景写真がお菓子パッケージに採用されたのもこの頃でした。

16121305.jpg


自分の写真がお菓子の箱に載って店頭に並んでいるのを初めて見たときは感動しました。
それまであくまでも個人の趣味として撮りためていただけでしたが、それが人に認められて形になる素晴らしさや楽しさを知ることができました。
その感謝の表明として、店頭のお菓子は大人買いさせていただきました


2015年12月
そしてフルサイズへ…


カメラを趣味として始めて10年目を迎えた頃。
7Dの画質に不満を覚えだします。
この年の夏に知り合いから借りたフルサイズ機、EOS 5D MarkIIの写りを見て衝撃を受けました。
高ISO感度時の画質、ダイナミックレンジの広さ等々、室内はもとより風景撮りをメインとする自分にとって、フルサイズが写し出す緻密さ・空気感は大きな魅力となりました。

ただ、ネックは今まで買い集めたEF-Sレンズの数々。
 ・EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
 ・EF-S17-55mm F2.8 IS USM
 ・EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS
 ・EF-S24mm F2.8 STM

…EF-Sレンズって比較的お求めやすいので、気が付けばこんなにたくさん。
フルサイズに移行するならば、これらのレンズは使えなくなってしまいます。

ええ、実際相当に悩みました。
基本少ないお小遣いで細々とカメラを趣味にやってる身。
理想は7Dとフルサイズの両機持ちですが、それは無理。
フルサイズを諦めるか、7Dを手放すか。

出した結論は…

16121303.jpg


フルサイズエントリー機、EOS 6D購入!念願のフルサイズの仲間入りを果たしました!!
7DとEF-Sレンズは下取りに出し、そのお金+αで6DとEF24-70mm F4L IS USMのレンズキットを購入。
フルサイズデビューと同時に、憧れの赤鉢巻もゲット。


そして今に至ります。
この6Dで、一つでも多くの素晴らしい景色や瞬間を切り取って収められたら最高ですね。



 所有機材 


カメラ
 ・Canon EOS 6D (メイン)
 ・FUJIFILM X20 (サブ)
 ・Canon EOS Kiss Digital X (予備)

レンズ
 ・Canon EF24-70mm F4L IS USM
 ・Canon EF70-300mm F4-5.6L IS USM
 ・Tamron SP15-30mm F2.8 Di VC USD

三脚
 ・Velbon エル・カルマーニュ535 (3Way雲台付属)

その他機材・アクセサリー
 ・Canon スピードライト430EX II
 ・C-PLフィルタ(Φ77mm)
 ・ソフトフィルター(Kenko SOFTON A、Φ77mm)
 ・クロスフィルター(Φ77mm)
 ・NDフィルター(ND1000、Φ77mm)
 ・可変NDフィルター(ND2~ND400、Φ77mm)  

0 Comments

Add your comment