FC2ブログ

Welcome to my blog

Footprints -足跡-

カメラと共に歩んだ足跡

 阿蘇で今シーズン初の星グルグルを満喫してきた!

16121001.jpg




 冬は星の撮影に最適! 


12月に入り、イルミネーションや星など、「光り物」が旬を迎えましたね。
特に星は空気が乾燥して澄んでいる事の多いこの季節は撮影に向いています。まぁ、夏の星座や天の川はド派手でインパクト強いのでこちらも捨てがたいんですけどね。

ということで、熊本県の阿蘇に今シーズン初の星撮りに出かけてきました。



 標高が高いとやっぱり綺麗 


16121002.jpg
EOS 6D+EF24-70mm F4L IS USM (ソフトフィルター使用)


いくら冬の空気は澄んでいるとはいえ、チリやら何やらありますからやっぱり標高の高い方がより綺麗に見えます。
なので今回は阿蘇外輪山の通称「絶景駐車場」へ。標高は920m、車で直行できる場所としては中々の高さです。
そして何といっても星と阿蘇市街を一望できる絶景のロケーション。今シーズン初の星撮りには最高の場所です。

写真はEF24-70mmF4Lにソフトフィルターを付けて、冬の星座の代表格・オリオン座を。左に見える一際明るい星はシリウスです。


16121004.jpg
EOS 6D+SP15-30mm F2.8 Di VC USD


絶景駐車場から阿蘇市街方面。
薄い霧が阿蘇市街を覆っていたのでいい雰囲気に。


16121003.jpg
EOS 6D+SP15-30mm F2.8 Di VC USD


反対側(駐車場方面)も満天の星。
タムロンのSP15-30mmは前玉がいわゆる出目金なので、そのままではフィルター類が付けられません。
なので星を撮るときは点状になってしまい、ちょっと寂しいというかメリハリのない星空になってます。
いちおう別売りのホルダーがあるんですが、これがまたべらぼうに高く、おいそれとは買えない…。
仕方ないので近々自作しようかと計画中。



 という訳で、今シーズン初の星ぐるぐる。 


16121001.jpg
EOS 6D+SP15-30mm F2.8 Di VC USD (197枚を比較明合成)


定点撮影した197枚を比較明合成。
1枚が20秒の露出で撮ってるのでトータルで1時間ちょっとの星の動きになります。
北天の「グルグル感全開」の写真も好きですが、南天側のダイナミックな軌跡もいいですね。


今回は午前3時頃からの撮影。もっと早い時間ならこのアングルで冬の大三角が収められるのですが、上弦の月が出ていたので仕方ないですね。
標高が高く非常に冷え込みましたが、久々の星撮りは楽しかった!
次のチャンスは家族旅行で久住に出掛ける12月23日。ちょこっと抜けさせてもらって、タデ湿原辺りで三俣山と絡めてオリオン座を狙ってみたいですね。晴れて欲しいなぁ。



【12月11日追記】

フリーソフト「StarStaX」で編集したタイムラプス動画をアップしました。




絶景駐車場はこちら

関連記事

1 Comments

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2018/10/26 (Fri) 18:45 | EDIT | REPLY |   

Add your comment