FC2ブログ

Welcome to my blog

Footprints -足跡-

カメラと共に歩んだ足跡

 撮影が楽しくなる!色々なフィルターたち

17030813.jpg




 フィルターを付ければ撮影の幅が広がる! 


カメラを始めて最初の頃は、とりあえず購入したカメラだけで撮影するケースがほとんどだと思います。
そしてある程度カメラの操作や撮り方に慣れてきた頃、ふとこう思うことがあります。

「あれ?そう言えばこないだ見たあの写真はどうやって撮るんだろう?」

カメラやレンズによってはどうにもならない事もありますが、もしかしたら疑問に思っているそれはフィルターを付けることで解決できるかもしれません。

ここで取り上げるフィルターとは「レンズフィルター」の事で、レンズの前面に取り付ける各種フィルターのことを言います。
レンズの前縁の内側にはネジが切ってあって、フィルターを取り付けることができるのです。
(注:一部取り付けられないレンズもあります)
また、レンズの直径はまちまちですので、フィルターもそれに合わせて購入する必要があります(Φ77mm・Φ62mmなどなど)。

今回はそんなフィルターについて、いくつか紹介してみたいと思います。



 まずはレンズを守る保護フィルター 


17030801.jpg


前面に取り付けることで前玉(レンズの一番表にあるレンズ)を汚れや傷から守る役割を果たします。
単なる無色透明のガラスなので、撮影効果はありません。あくまでレンズを保護することが目的になります。

カメラを落としたりぶつけたりすることで高価なレンズの前玉を傷つけてしまうと泣くに泣けません。保護フィルターを付けることで完全にとは言えませんが、ある程度は守ってくれる「盾」になってくれる・いざという時に「付けてて良かった!」と思える保険的なフィルターになります。

ただし逆光時などはフレア・ゴーストが発生する原因となる場合がありますので、気になるときは外して撮影しましょう。

フレア…太陽など強い光にカメラを向けたときに写真が白っぽくなってしまうこと
ゴースト…光が乱反射して本来ない場所に光の像が現れること(アニメなどで太陽から六角形の光が降り注いだりしますよね?要はあんな感じのものです)




 反射を抑えて海も空も鮮やかに!C-PLフィルター 


17030802.jpg


C-PLフィルター(Circular Polarized Light:円偏光フィルター)とは、単純に言うと「光の反射を抑えて色鮮やかに撮影するためのフィルター」です。
例えば、水辺の写真を撮るとき、水面が光に反射して白く輝き、水の中が見えづらいことがありますよね。
そんなときにこのC-PLフィルターを使うことで水面に反射する光を抑え、水の中が見えやすくなります。


17030803.jpg


要は「反射を抑える」効果があるので、反射で白っぽく写っていたものの本来の色が取り戻せる…とお考えください。
この効果の大きさはある程度変更できます。フィルターの前枠を回すことで効果を変えることができるのです。
また、一般的にはこのように「反射を抑える」使い方をしますが、回す角度次第で逆に「反射を強調する」事もできます。

風景撮影には必須とも言えるこのフィルター。
虹なんかを撮るときにもC-PLがあれば、濃くはっきりと強調することもできますよ。



 光を抑えて表現を広げる!NDフィルター 


17030804.jpg


NDフィルター(Neutral Density:減光フィルター)とは、写真の色味は変えずに光量だけを減らすフィルターです。
ND2・ND4・ND8・ND16・ND400などがあり、それぞれ光を1/2・1/4・1/8・1/16・1/400に減光します。
すなわち、フィルターを付けない時と同じ明るさの写真を撮ろうとした場合、シャッター速度を2倍・4倍・8倍・16倍・400倍に長く設定する必要があります。
例えばフィルターなしで1/400秒でシャッターを切ったときと同じ明るさにしようと思えば、ND2なら1/200秒、ND4なら1/100秒、ND8なら1/50秒、ND16なら1/25秒、ND400なら1秒…となるわけです。


17030805.jpg


こういう写真、見たことありませんか?滝の水が絹のように流れている写真です。水を流そうとすると、必然的にシャッター速度を長く(上の作例ですと6秒です)しないと撮れません。
絞りを絞り込む(F値を大きくする)事である程度長い時間シャッターを開けることができますが、やりすぎると今度は「回折(かいせつ」といってなんとな~くボヤけた写真になってしまいます。

そこでこのNDフィルターの出番となるわけです。
長い時間シャッターを開けることで水の流れを表現したり、また、水の表面がなだらかになるので映り込みが綺麗に出たりと、色々な使い方ができます。

上のフィルターはND2からND400までを自由に変えられる「可変NDフィルター」です。海外の格安ブランド製で一見便利なようですが、やっぱり無理があるらしく減光具合にムラがあったりします。それでもND32程度までなら何とか使えてます。安いですしね、そこは仕方ありませんね。


17030806.jpg


で、これは最近購入したND1000。そうです、光の量を1/1000にカットできるのです。
コレを使えば…


17030807.jpg


昼間でも10秒以上の長秒露光が可能になり、肉眼では見られない幻想的な世界が現れます。
波打ち際で撮ると海がまるで雲海のようです。



 光の十字でキラキラ写真に!クロスフィルター 


17030808.jpg


クロスフィルターとは、点光源に十字の光の筋を加えるフィルターです。クロス(十字・4方向)の他にもスノークロス(6方向)などいくつか種類があります。イルミネーション撮影時に使うのが一番イメージに合うでしょうか?


17030809.jpg


………。
イルミネーションが一番合うとか言っておきながら、工場夜景を載せてくるあたりが我ながらなんだかなぁ…とは思いますが。
まぁ要はこんな感じですよ。伝わっていただけましたでしょうか?^^;

このフィルターを使う際の注意事項として、絞りは開放付近(F値をなるべく小さく)で撮ることをオススメします。
絞ると光の筋(光条(こうじょう)といいます)が切れ切れになってしまいます。



 ふんわり優しいイメージの写真を撮るなら!ソフトフィルター 


17030810.jpg


ソフトフィルターとは、光を拡散させふんわり柔らかいイメージの写真を写し出すフィルターです。
ポートレートや星を撮影するときなどに使われます。


17030815.jpg


普通は点にしか写らない星の写真も、ソフトフィルターを使うと明るい星ほど光がにじんで大きくなり、メリハリのある画になります。


17030811.jpg


風景写真も柔らかく優しいイメージに。花の写真にも合いますね。ポートレートは…すみません、ほとんど撮らないので作例がありません(泣)


17030812.jpg


クロスフィルターとソフトフィルターを組み合わせると、また少し変わった雰囲気に。



 フィルターを使いこなせば撮影が楽しくなる! 


いかがでしたか?
今回はメジャーどころの4種類のフィルターについて紹介してみました。
最初は難しいかもしれませんが、こういったフィルターが1枚でもあると撮影の幅がぐっと広がります。
カメラの撮影にある程度慣れてきたら、ぜひフィルター装着を考えてみてください。またひとつ撮る楽しみが増えますよ。
関連記事

4 Comments

SATOくん  

こんにちは。
フィルター使いますよね。
僕も安い輸入物の可変NDを使っていますが、ND400ではちょっと色むらが出ますね。
安いから文句も言いませんが。。。笑
10枚目の工場夜景ってどこですか?
若松区???
藤棚は河内?
最後の工場夜景はマテリアル???
5月頃北九州に行ってみようと思っています。

2017/03/11 (Sat) 12:23 | EDIT | REPLY |   

jm1999  

私もPLフィルターとND16はカメラバッグに常備してます。
PLフィルターは反射を抑えるときはもちろんですが、手持ちのND16で足りないときダブルで装着したりします。
でもフィルター類でSSを稼ごうとすると、ファインダーが暗くなってピントが合わせづらくなるのが難点。

ND1000だとほぼ真っ暗ではないですか?
それであのベタピンはスゴイですね!


クロスフィルター&ソフトフィルターは持っていないです。
ソフトフィルターは星景撮影用に是非欲しいですね。

2017/03/11 (Sat) 22:23 | EDIT | REPLY |   

takabou  

Re:SATOくんさん

こんにちは^^
フィルターは一度使い出すと止められませんよね。
可変ND、あれだけ安かったら文句も言えませんよね(笑)
結構重宝しているので文句もありませんが^^

10枚目の工場夜景は苅田の三菱マテリアルです!
で、最後の写真は八幡西区の黒崎城址からのものです。
藤棚は河内藤園です。5月アタマまでが見頃ですね。去年は5月5日に行きましたが、ピークは少し過ぎていました。
どこもオススメスポットですので、こちらに来られたときはぜひ!

2017/03/12 (Sun) 15:14 | EDIT | REPLY |   

takabou  

Re:jm1999さん

こんにちは^^
PLとNDとの重ねがけパターンも結構多いですよね。PL単体でも減光効果ありますしね!

確かにND付けるとファインダーは暗くなってしまうので、ライブビューで確認するようにしています。ND1000にもなると三脚必須ですので、どっしり構えてピントもMFで時間かけてのんびり撮影するスタイルです^^;

クロスはあまり調子に乗ると十字の光条が少しうるさいです(笑)
ソフトは役に立ちますね。星撮りには絶対要りますし、色々使い勝手は良さそうです^^

2017/03/12 (Sun) 15:25 | EDIT | REPLY |   

Add your comment