Welcome to my blog

Footprints -足跡-

カメラと共に歩んだ足跡

 VSGOのクリーニングキットでセンサーをお掃除!

17042504.jpg




 レンズ交換式カメラの宿命、ダスト 


一眼レフカメラの楽しさのひとつは、用途に応じて様々なレンズに交換できること。
レンズを変えるだけで、ファインダーにはまるで違う世界が広がる様は、一度体験すると病みつきになってしまいますね。
そうして人はレンズ沼へと転がり落ちていくのですが、それはまた別のお話。

今日はセンサーのお話なのです。
レンズを交換するということは、センサーが外気に直接さらされるということ。
当然外のチリやホコリが侵入する可能性が出てきます。
なので交換するときは風下にカメラを向け、さらには斜め下にも傾け、電光石火の早業でちゃちゃっと交換する必要があります。
それでも何度も何度も着脱を繰り返していれば、どんなに気をつけていてもチリなどのダストの混入は避けられません。

軽いホコリ程度であればブロアで吹き飛ばせばいいのですが、中には結構頑固にセンサにしがみつくダストも。
まぁそれでも開放付近で撮ってるうちはさほど気にもならないのですが、風景撮影などで絞り込んで撮ると目立ってくるアイツ。

こうなるともう気になって仕方ありません。Photoshopのスポット修正でポチポチ消していくのもいいのですが、どうにも面倒くさいのでダスト除去を考えるわけです。

Canonだとサービスセンターに持ち込めば清掃してくれますが、センサ・ミラー・外観の清掃、ピント調整などがワンセットになっていて、諸々込みで3000円かかっちゃうんですよね…。

なので今回、自己責任ではありますがクリーニングキットを購入して自分で清掃してしまえ!と思い立った次第です。



 VSGOのクリーニングキットが便利らしい 


そうして色々調べていると、VSGOのクリーニングキットが中々便利との情報が。
早速Amazonでポチって3日後。


17042501.jpg


無事到着。
これはフルサイズセンサー用。コレとは別にAPS-Cサイズ用もあります。


17042502.jpg


中はこんな感じ。
クリーニング用のスティックが10本とクリーニング液のセットになっています。

さぁ、これで今からセンサーを綺麗にお掃除するよ!



 想像以上に汚れまくっていたセンサー 


さて、ここで一度清掃前のセンサーの汚れを確認しておきましょう。
絞りは最大まで絞りきります。フォーカスはMFでわざとピンボケ状態にしておき、あとは壁などの白いモノに向かってシャッターを切るだけ。ISOはなるべく低めがいいですよ。100固定で問題ないかと。

そしてその画像をLightroomで「かすみの除去」をかけてあげると…!


17042505.jpg


うげげ。なんじゃこりゃ!!
赤丸部分がダストが付いてるところ。いくら何でもこりゃ酷い。
こんなんで今までよく撮影できたな…。


17042503.jpg


さ、早速掃除しよう…。
まずはスティックを袋から取り出します。白い部分は不織布?みたいな感じで、ここにクリーニング液を1~2滴垂らします。
先端が広がっているところがこの商品のミソでして、フルサイズセンサーの高さと同じ24mmになっているんですね。
なので他のクリーニングキットと違って、横に「サーッ」とスライドさせるだけで簡単にダスト除去ができるという優れものです。


17042504.jpg


次にカメラのミラーをアップさせ、センサを露出させます。
メニューの中に「手動でクリーニング」があるので、それを選べばミラーアップされます。

クリーニングを行う前に、まずはブロアでホコリを飛ばしておきましょう。

さぁ、いよいよ本番です。
今まで直接触ったことなんてないので、少し緊張します。傷つけたらどうしよう…。

ええい、行ってしまえーーー!!


17042506.jpg


あれ、意外と楽チン?
ほんの少しだけ力を入れて、表面を優しくなぞるようにスッとスライドさせるだけです。
注意点は『一度使った面は二度と使ってはいけない』こと。両面を使って1往復させる感じですね。


これで清掃はおしまいです。
クリーニング自体は10秒かかりません。あっという間に終わります。

さてさて、汚れはどれだけ落ちてるのかな…?



 効果絶大!コスパ最強かも 


Beforeと同じように写真を撮り、画像を確認すると…


17042507.jpg

なんということでしょう。
あれだけセンサ中にちりばめられていたダストが、ほとんど取れているではありませんか!

まだほんの少し残ってはいますが、おっかなびっくりで躊躇したからかな?
気になるようならもう一度新品のスティックを出して繰り返しましょう。

結論。
サービスセンターに持って行く手間と金額を考えたら、このアイテムのコスパは正直凄いです。
あくまでも自己責任になりますが、センサーに直接触れる抵抗感を克服できる人なら一度試してみる価値はあると思いますよ。



関連記事

4 Comments

jm1999  

おお~これはよさそうですね。
私も年に1回くらいはサービスセンターに持ち込みますが、Nikonはたしか¥1000だったような…
日中の風景写真とると気になりますよね~夜景はごまかせるんですけどね。

私も買ってみようかな~って思いました!

2017/04/28 (Fri) 20:58 | EDIT | REPLY |   

Blue sky  

No title

さすが、たかぼうカメラマンさん^^
きちんとお手入れされてるんですね!
私のカメラも、一緒におあずけしたいくらいです(笑)
お手入れ・・・したことがないです(苦笑)

2017/04/30 (Sun) 18:44 | EDIT | REPLY |   

takabou  

Re:jm1999さん

実際に使ってみて、本当にお手軽で良かったです^^
Canonも以前はセンサクリーニングだけもできたのですが、最近になってセットになって価格が上がってしまいました^^;
なので重宝してます^^

綺麗な青空撮ってもポツポツダストが写り込んでると気分台無しですからね…。

2017/04/30 (Sun) 21:35 | EDIT | REPLY |   

takabou  

Re:Blue skyさん

いやぁ、実は今のカメラは購入後一度も掃除してませんで…(笑)
で、ようやく今回お掃除できた次第です^^

僕は結構外でも関係なくガシガシレンズ交換するタイプですので、おそらく人様よりセンサ汚れてるんじゃないかと^^;

直接センサに触れるので、自分での清掃はあまり皆さんに無条件にオススメはできませんが、撮った写真にゴミ写りなどが気になるようであれば預かりますよ(笑)

2017/04/30 (Sun) 21:51 | EDIT | REPLY |   

Add your comment