FC2ブログ

Welcome to my blog

Footprints -足跡-

カメラと共に歩んだ足跡

 バックアップのためにNASを導入した!

17082805.jpg





 データのバックアップ、どうしてますか? 


カメラ…ここではデジタル写真に限りますが、長くやってると結構な量のデータがたまりますよね。
特にRAWで撮ってるとかなりのボリュームになります。

しかも風景やらポートレートやら、その時その時のかけがえのない瞬間を撮り収めて保存を繰り返していくわけです。
あとで現像するときに開くこともあれば、意味なく眺めたりしてその時のことを思い返すこともあるでしょう。

特に子供の写真なんかは、撮り直そうにも二度と戻れない、まさに「プライスレス」なものなのです。

そんな大事な写真です。
もちろん皆さんバックアップ対策は万全ですよね?

え?してない?
今の機器がそんな簡単に壊れるわけないって?

はい、僕もそう思っていた時期がありました。



 それは前触れもなく突然やってきた 


僕の写真データはすべて外付けのHDD(2TB)に入れていました。
バックアップは特に考えていませんでした。パソコン使いだして早20年以上経ちますが、これまで手持ちのHDDがクラッシュした経験がなかったので、あまり心配していなかった…というのが本当のところ。

しかしある日悲劇は突然訪れました。

いつものように画像を編集しようとしたら、なぜかHDDが認識していないのです。
電源ランプは消えています。不思議に思いコンセントを抜き差しして再起動してみようとしたのですが…
かすかに「カリカリッ」とHDD特有の音が数度したままダンマリ。

こ、これは…

クラッシュしたのか―――!?

これ以上電源入れるのはマズいと思い、すぐさまプラグを抜きます。
データ復旧サービス会社を検索し、信頼できそうなところに送って結果を待つこと2週間。

結論は…

「磁性体薄利とヘッド損傷により復旧不可能」という死刑宣告でした。

17082801.jpg


はい消えた-。
写真始めて10年以上のデータ。
子供の日々の写真やビデオのデータ。
これらのすべて一瞬で消えてしまいました。



 同じ過ちを繰り返してはいけない! 


そんなわけで、しばらく立ち直れないくらい打ちのめされていたのです。
でももう消えてしまったデータは戻りません。
風景はまた撮りに行けばいいですが、子供の写真は戻りません。ブログやSNSであげていた分を逆に取り込み直せばいくつかは戻ってきますが、それでも解像度は大幅にダウン。

こんな悲劇を繰り返してはいけません。
防ぐ為にはどうしたらいいか。

そう、バックアップです。
そこで少し前から気になっていたNASを導入することに決めました。



 そもそもNASってなに? 


NAS(ナス)というのはNetwork Attached Storageの略で、ネットワーク上に設置されたHDDのこと。
USB等で接続したHDDと何が違うんだ?と疑問に思われるかも知れません。そこで簡単にNASの特徴を挙げてみます。


・ネットワーク上にあるので、複数台の端末からアクセスできる

USBでの接続はパソコンと1対1での通信が基本になりますが、ネットワーク上に設置することで複数台の端末からNASにアクセスすることが可能になります。
例えばパソコン経由で写真データを保存するだけでなく、テレビの録画番組も保存したりすることもできるようになります。
また、スマホ等からも見ることができるので、応用次第で使用範囲は格段に広くなります。


・保存の仕方に工夫がある

今回NASを導入した目的はこちらになるのですが、NASにはRAID(レイド)という機能が付いたものが多く販売されています。
RAIDというのは複数台のHDDを1台としてみなし、データに冗長性(エラーが生じてもシステムに異常をきたさないよう保つこと)を持たせる技術です。

RAIDにもいくつか種類があるのですが、今回は『2台のHDDに同じデータを保存することで、片方のHDDが破損してももう片方から復旧できる』というRAID1(ミラーリング)機能が付いたものを選びました。一番オーソドックスなタイプになります。


17082802.jpg


そして今回購入したのはIODATA製のNAS。3TB×2ドライブタイプを選びました。



 設定は意外と簡単 


17082803.jpg


ネットワーク上に…などと聞くと敷居が高そうですが、取説も付いてますのでそれに従えばそんなに難しくはありません。
ただウチの場合は最初に差し込んだパソコン横のLANコネクタポートがなぜか認識せず(NAS以外の機器は普通に使えた)、冷や汗垂らしながらの設置作業でしたが場所を変えることで素直に解決。


17082804.jpg



今回壊れた外付けHDDも買い直し、NASと外付けHDDの2台体制で運用することにしました。
あと特に重要なデータは定期的にBlu-rayディスクにでも書き込んでおけばさらに安全性は高まるでしょう。



 まとめ 

悪いことは言いません。
バックアップが十分でない人は最低限外付けHDDを買っておきましょう。
消えてからでは手遅れです(泣)
関連記事

0 Comments

Add your comment